top of page

褒めるって大事!ポジティブ&具体的に行こう

正しいアプローチについて考える


褒める指導は良いと思っていても、まだまだ疑いを持っている方も多いと思います。 確かに、過度な褒め言葉に頼りすぎると、成長が停滞し、他者の不満を招く可能性

も考えらえれます。 そこで、一歩踏み込んで考えてみませんか?


褒めることは、成長とモチベーションに大きな影響を与えますが、その効果を最大限に引き出すためには、正しいアプローチが必要です。


まず第一に、褒めることが過剰になりすぎてはいないか、バランスが取れているかを見直しましょう。過度な褒め言葉は、相手に依存を生み出すだけでなく、成長の機会を逃す可能性があります。


そこで大切なのは、褒める際には具体的な理由を示すことが重要です。

ただ褒めるだけではなく、具体的な行動や努力を指摘することで、相手に認められたという実感を与え、成長への意欲を高めることができます。


さらに、褒めることだけでなく、建設的なフィードバックも大切です。成長には失敗や改善点からの学びも欠かせません。褒めるだけでなく、次に向けてのアドバイスや改善点を共有することで、より効果的な成長が期待できます。

褒める指導に疑いを持っている方も、正しいアプローチを取れば褒めることの素晴らしさを実感できるはずです。成長やモチベーションを促進するために、褒める指導のポテンシャルを最大限に引き出しましょう。




閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

タックルプロセス別の指導法

【シェイプとアライメント ドリル1】 ①鬼ごっこ・・・2つのグループに分けて、誰が誰をマークするかのコールします、ノミネートとコミュニケーションスキルのトレーニングです。 目的:①ノミネート ②コミュニケーション ②ゲート・・・オーバーリバー(川渡り) 目的:①ノミネートとアライメント ②コミュニケーション ルール: ①川の真ん中は「ワニ(鬼) ②ゴールからゴールにタッチされな い様に走る ③タッ

Comentários


bottom of page