• obata75

キャッチ&パスの段階的指導


初心者や幼児・小学生のテクニックを観察するときのアクティビティ。

上方向にボールを投げて、拍手から頭など体の一部をタッチして何度を上げていく。単純であるが、キャッチするための空間把握の能力を観察する。

 

フロントパス

パスで一番、基本的なパス。「体の前側で投げるパス」。ラグビー は、「ゴールに向かって「前方」には投げては行けないが、幼児や初心者は、フロントパスから始める。


 

ラテラルパス

体前方をゴールラインに並行にして、体の横側に向かって投げる。はじめは、歩きながらボールの来る方の足でキャッチし、ボールをパスするときは、骨盤がゴールラインに並行(ヒップスクウェアー)になるように、パスした瞬間は、パスする側の足で立てるようにする。

 

サークルパス

グループで円になり、リズムをとってボールを回す。適切なタイミング、場所にキャッチ&パスのトレーニングになる。

パスの時に指を弾くと、適切なタイミングで投げることができない。



 

フロントパス・ジャグリング

1つのボールを上方向に投げる間にパートナーからの前方のパスをキャッチして、自分のボールが落ちてくる前にパートナーにパスをする。

キャッチ&パスのテクニックと動体視野を広げるトレーニング


 

ラテラルパス・ジャグリング

フロントパスと同じく、上方向にボールを投げる。落下までに、左右のプレーヤーから横方向のパスをキャッチ&パスする。




 

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【シェイプとアライメント ドリル1】 ①鬼ごっこ・・・2つのグループに分けて、誰が誰をマークするかのコールします、ノミネートとコミュニケーションスキルのトレーニングです。 目的:①ノミネート ②コミュニケーション ②ゲート・・・オーバーリバー(川渡り) 目的:①ノミネートとアライメント ②コミュニケーション ルール: ①川の真ん中は「ワニ(鬼) ②ゴールからゴールにタッチされな い様に走る ③タッ