top of page

「ピッチ上で学ぶ:子供たちのためのラグビー大会フォーマット」

子供の成長を重視したラグビー大会フォーマット

ラグビーは、チームワーク、戦略的思考、身体能力など、子供たちの成長に欠かせないスキルを育成する素晴らしいスポーツです。イギリスでは、子供たちの発達段階に合わせた様々なラグビー大会フォーマットが用意されています。


例えば、スクールズラグビーフェスティバル(Schools Rugby Festival)形式呼ばれる、学校対抗戦として開催されるフォーマットでは、競技だけでなく交流も重視されます。すべての子供たちがプレーできるように、さまざまなレベルの試合が用意されています。


またユースリーグ(Youth League)など、年齢ごとに分けられたリーグで、レギュラーシーズンとプレーオフがあり、年間を通じて試合を行います。定期的な試合とリーグ形式が競争心を育み、同時に技術やチームワークの向上を促します。


大人ができるだけ介在しない子供たちのためのラグビー大会フォーマット

子供たちが自分たちでゲームを主導し、決定を下すことを奨励するラグビー大会フォーマットをより進めることも今後の子供のスポーツシーンで増やしていくことが大切です。

これらのフォーマットと作ることは、子供たちの自主性、創造性、リーダーシップを発揮する機会を提供することになります。

では、どのようなフォーマットが考えられるか、ご紹介します。


セルフマネージドゲームズ(Self-Managed Games)

子供たちは自分たちでチームを作り、ルールを決定し、試合を進行します。大人は必要なときだけ介入し、安全を確保する。


ピアコーチングトーナメント(Peer Coaching Tournament)

プレーヤーは交代でコーチの役割を担い、チームメイトを指導します。これにより、学び合いとスキルの向上が促進されるます。


ミックスアンドマッチゲームズ(Mix and Match Games)

試合の前に、プレーヤーはランダムにチームに分けます。異なるスキルやレベルを持つプレーヤーと一緒にプレーすることで、適応力とチームワークが育まれます。


オープンルールズトーナメント(Open Rules Tournament)

試合開始前に、両チームがルールについて話し合い、合意に達します。この過程で、コミュニケーションと協調性が養われます。


子供たちの成長と発達に合わせた多様なラグビー大会フォーマットを用意することは、子供たちが主体的にスポーツと関わる機会を与えることになります。

これらのフォーマットは、子供たちが安全に楽しみながら、ラグビーの技術やチームワーク、リーダーシップを育むことを目的としています。


 また、大人が介在しないフォーマットを通じて、子供たちは自主性や創造性を発揮し、社会的スキルを向上させることができます。これらの経験は、子供たちのラグビーに対する情熱を育み、長期的なスポーツ参加につながる可能性があります。



様々な大会フォーマット(イングランド協会公式サイトより)






閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

タックルプロセス別の指導法

【シェイプとアライメント ドリル1】 ①鬼ごっこ・・・2つのグループに分けて、誰が誰をマークするかのコールします、ノミネートとコミュニケーションスキルのトレーニングです。 目的:①ノミネート ②コミュニケーション ②ゲート・・・オーバーリバー(川渡り) 目的:①ノミネートとアライメント ②コミュニケーション ルール: ①川の真ん中は「ワニ(鬼) ②ゴールからゴールにタッチされな い様に走る ③タッ

Comments


bottom of page